現代神輿用語の基礎知識

お祭り好きが集まって結成された架空の会社、江戸神輿ねっと振興社(惜しまれつつ平成18年1月に閉鎖)のメンバーが作り上げた、ユーモアあふれ、尚且つ真面目な用語集。
「お祭りに興味はあるし、参加してみたいけど、なんだか敷居が高い…」なんて思っている方には、この用語集がきっとお役に立ちます。
すでに担ぎ手としてお祭りに参加している方々にも、「こんな言葉があったのか!」「こんな意味があったんだ!」と目から鱗の用語集。

あがる - 【上がる】神輿が担ぎ手によって担ぎ上げられ、渡御が開始されること。

あげにげ - 【上げ逃げ】一瞬だけ上げて逃げること。

あげる - 【上げる】神輿の一番前か後ろで肩を入れ、自分の肩の高さまで神輿を持ち上げる事。

あさくさ - 【浅草】祭の聖地。年中祭りがある。「アムラ~」ならぬ、「三社~(サンジャ~)」は、4月ぐらいになると落ち着かない。

あだちや - 【あだちや】浅草のひさご通りにある祭用品専門店。在庫が豊富。https://www.adachiya.co.jp/

いれる - 【入れる】神輿を担がせてあげること。《使用例》「おいおい、入れてやってー!!」「お願い。入れてっ。←三社のあお●り」

うじこ - 【氏子】共通の神様をまつる人々。その神様が守護する地域に住む人々。《対義語》氏神

うま - 【馬】神輿を担いでいない時に神輿を置いておくための台。《使用例》(木が入ったのに馬が近くにいないときなどに)「うまうまうまうま」

うら - 【裏】正式な渡御が行われず、惰性で町内会など周辺で寂しく神輿を担ぐ年。近年、裏には人が集まらず、町内会でかわりに運動会などが催される場合がある。《対義語》

うり - 掛け声。おもに男性の掛け声。江戸前に多く使われる。《対義語》ふり

えあーじょぐ - 【エアージョグ】底にエアークッションが入った地下足袋で、履き心地はほぼスニーカー。長時間歩いても疲れない。一度経験すると、普通の地下足袋には戻れない。

えどっこくちょう - 【江戸っ子口調】普段使われない口調だが、祭りの格好をすると急にこの口調になる人が多い。祭り以外では、落語や時代劇で聞くことができる。

えどまえかつぎ - 【江戸前担ぎ】おもに関東地方(東京)の神輿の担ぎ方。「村川担ぎ」が基本。

えどみこしねっとしんこうしゃ - 【江戸神輿ねっと振興社】現代の祭りについて毎日朝から語り合う裏組織。この組織に嫌われると、一生先棒が担げなくなる。一代目社長はカボ。惜しまれつつ平成18年に閉鎖された。

おとなみこし - 【大人神輿】大神輿ともいう。町内で大人が担ぐ神輿。《対義語》子ども神輿

おにぎり - 祭りの朝、途中のコンビニで買っていくもの。個別に買う場合もあるが、会でまとめて買う場合もある。神酒所で出てきたときには、取り合いになることが多い。神酒所の場合には近所の奥さん連中がにぎったものが多く、中身が分からないところが楽しい。普通は2個程度食べるが、5~6個食べる猛者もいる。ちなみに大戸睦にもそういった猛者がいるが、担ぎはイマイチ。

おはやし - 【お囃子】祭りには欠かせないBGM。これを聞くと、「担ぐぞー」という気持ちになる。生演奏がもちろんいいが、最近ではCDなどをリピート再生していることも多い。《類義語》祭囃子

おみき - 【御神酒】元々は神様に捧げるお酒の事だがこれを2本持って行くとたいがいの神輿は担げると言う魔法の水。

おもて - 【表】宮入を含む正式な連合渡御がおこなわれる祭りの年。大祭ともいわれる。《対義語》

おんなみこし - 【女神輿】女性だけで担ぐ神輿。

かいそく - 【会則】神輿同好会などで決めた約束事。しかしほとんどの会で守られないという絵に描いた餅状態のお約束事。

かしら - 【頭】祭りの時には朝からお酒を振舞い、家ごと祭りに協力し、半纏、巾着など全て担ぎ手とは一線を期した高級品を身につけている人。来賓等が長々と挨拶する中もイヤな顔一つせず立ちつくし、さァ始めるよって時に一声気持ち良く聞かせてくれる、『粋』を地でいく、偉い人。

かたをいれる - 【肩を入れる】神輿を担ぐこと。

かつぎて - 【担ぎ手】神輿を担ぐ人。

がっさいぶくろ - 【合切袋】

かぶりもの - 【被り物】鉢巻きなど頭に巻いている(かぶっている)もの。宮入後のお払い等の神事の最中や、偉い人が喋るときは取るのが礼儀。《使用例》「かぶりものをとれ~」《類義語》助さんかぶり

きがはいる - 【木が入る】神輿渡御の終わりを告げる拍子木の音。《使用例》「木が入ったー。木が入ったー。」

きゃはん - 【脚袢】ふくらはぎに巻く、羽田、川崎方面に多い祭り用品。本来よこたの心棒に入る人間があとでふくらはぎが張るので、ふくらはぎを押えるために使う。最近ではファッション化している地区もある。会によっては脚袢を巻いている者、長ダコを履いている者、など各会員バラバラの会もあるが会員全員揃える方が好ましい。また脚袢を巻く場合には12枚コハゼの足袋がより好ましい。

きんりゅうざんみがわりまもり - 【金龍山身代守】浅草寺境内で売っている木のお守り。浅草っ子の必須アイテム。紐で首からぶら下げる。最近浅草以外の担ぎ屋達にも重宝され結構みんな下げている。これを下げる事により三社の担ぎ手になったような錯覚に陥る霊験あらたかなアイテム。《ご利益》病気、事故、怪我、災難除け

こしをきる - 【腰を切る】神輿を担ぐときにする行為。腰を入れることだが、何故か担ぎ手は腰を切ると言う。江戸前担ぎではあまり使わない行為。逆によこた担ぎでは、これが出来ないと潰れてしまう。《使用例》「おい!腰を切れ!この野郎!」

こはぜ - 【小鉤】

ごほんゆびくつした - 【五本指靴下】

さいれい - 【祭礼】原則として日本全国にあり、地元の人間にとっては唯一神輿をどう扱おうと外部の者から文句を言われないとき。ただ、外の人間を接待するという面倒な役割が付きまとうため、ほとんどが地元の祭礼を嫌うが、自分も他所へ行きたいという願望があるので頑張って接待するという、日本独自の奇習。

さす - 【差す】神輿を手で支えて高く上げること。神輿(神様)を「差し上げる」の意。《類義語》させさせ:神輿を上へ高く差し上げる時の掛け声。

さんじゃぶるー - 【三社ブルー】三社祭が終わった後の一週間の虚脱感。

さんじゃまつり - 【三社祭】誰がなんと言おうと最大最強のお祭。この祭で1年が始まる。終わる? 三社祭で神輿を担ぐと、「喜怒哀楽痛疲酔」のすべてが味わえる。浅草神社の祭。正式名称は「浅草神社例大祭」

じかたび - 【地下足袋】神輿の時にほとんどの人が履くモノ。小鉤の枚数が4枚、7枚、12枚のものがある。7枚を履いている人が多い。色は白、紺が主流。三社祭の宮出しに出た人の足袋は、汚れているのですぐ分かる。

じべた - 【地べた】神輿の担ぎ手は平気で地べたに座ることが多い。普段の服装では座れないような道路でも、祭りの格好をすると平気で座れてしまう不思議な場所。近年では、中高生は学生服でも座ることが出来るらしい。

しめこみ - 【締め込み】ふんどし。いわゆる男性Tバック。三社祭では、キティーやポケモンも登場。

じょうなんかつぎ - 【城南担ぎ】品川地区の担ぎ方で、神輿の胴にかならず太鼓がくくりつけられ、笛で「品川ばやし」を奏でる。担ぎ手は神輿に向かい合って、さしあげたり、もんだり、進んだりする。これは神様にお尻を向けないため。《類義語》ちょいちょい

じんく - 【甚句】神輿が担がれる時に歌われてるどっこい担ぎ特有のもの。

すいちゅうめがね - 【水中めがね】深川のお祭りの時、コンタクトレンズ落下防止に使うもの。

すけさんかぶり - 【助さんかぶり】あの水戸黄門の用心棒、助三郎がしていたてぬぐいのかぶり方。只今ブレイク中。

せいねんぶ - 【青年部】祭りの進行をスムーズを行う為に仕切ってくださる地元の方々。新規加入者が少ないため、青年部という名称とは裏腹に平均年齢は高めな地域が多い。

せった - 【雪駄】祭りの雰囲気を持つ履物。但し、そのまま神輿に入ると後ろの人にとっても迷惑。後ろの人はそのまま蹴り出すこともあるという、影響力の高い履物。

せったい - 【接待】

せんじゃふだ - 【千社札】神社の社の屋根の内側や柱に貼る、自分の名前を書いた札。本来神社に貼る場合は、色のついたものはいけない。最近では居酒屋に貼っているものを見かけることも多い。居酒屋で見かけると「ここには祭り関係者が来るんだな」と思わせる効果があり犬のマーキングに似た効果があることがある。

そいや - 【ソイヤ】江戸前担ぎでの掛け声のひとつ。

だいびょうし - 【大拍子】品川や鮫洲、大森、大井、五反田の神輿についている、太鼓の事。神輿を上げるときは、上げ(だい)普通に、渡御する時は平間、狭いところや、橋の上、危険な所は、四丁目(しっちょうめ)差し上げる時は、おたみ。神輿を納めた後には、納めという、曲を演奏します。これを品川拍子といいます。大拍子は、竹の、撥でたたき、太鼓と篠笛の演奏に合わせて担ぐ。《類義語》品川拍子

たかる - 【集る】 みこしを担ぐ時に「担げ、担げ」のかっこよくきこえる呼び方。《用例》「神輿に集ってください」《類義語》付く・取っ付く

たんす - 【箪笥】湘南方面で見られるどっこい担ぎ専用の神輿についているもの。カンとも呼ばれることがある。バンドのドラムのようなもので、これがずれるとブーイングの嵐になる。

ちどり-かつぎ - 【千鳥担ぎ】新宿、十二社(じゅうにそう)熊野神社の担ぎ方。先棒の担ぎ方が優雅である。首のうしろで棒の先を受け止めて両手で支え、腰を折らずに足をチョイチョイとだして進む。掛け声は「よいとぉ、よいとぉ」。千鳥が浜辺を歩くスタイルに似ていることから名づけられた。

ちよがけ - 【千代掛】日本版サコッシュ(フランス語で袋の意)。小物を携帯するための薄手で小型のショルダーバック。

つまみだす - 【摘み出す】酔っ払ったままで神輿に入ったり、周りの人間に喧嘩を売るものなどが、いた場合に使われる言葉。「おーい!摘み出しちゃえ!」などと使う。摘み出されたものは、今後の祭礼に参加できなかったり、会ごと帰らされたりすることがある。また場合によっては、物陰で数人の担ぎ屋からボコボコにされることがあるという体力のいることがある。摘み出された者はその後の会の活動に呼んで貰えなかったりして、会の中でも「鼻摘み者」にされることがある。

てぬぐい - 【手拭い】祭りの時、頭に被ったり汗を拭いたりする物。和製ハンカチ。御神酒を奉納すると貰える。地域によって趣向が凝らされており、手拭いコレクターも多い。オリジナルの手ぬぐいを制作する同好会もある。

とうきょうえどいち - 【東京江戸一】祭用具の大手メーカー。https://edotokyo1.com/

とうきょうおんど - 【東京音頭】羽田・川崎方面で行われるよこた担ぎの時に唄われることがあるもの。羽田のパレードでは唄い手が「おど~りお~ど~るな~~ら♪」と唄っている最中に振ってしまうフライングが良く見られる。羽田の大東は振ったまま歩くという技を持っている。

とぎょ - 【渡御】神輿が担ぎ手によって担がれたり、台車に乗せて巡行するなどして、氏子各町などを練り歩くこと。

ところてん - 先棒を担いだ人から抜けていく担ぎ方。先棒を後ろから順番に担ぐこと。《対義語》前変わり

どっこい担ぎ - 【どっこい担ぎ】湘南地区の担ぎ方。横棒はなく、真棒二本で担ぐ。神輿の両脇胴部分にはカン(または箪笥)と呼ばれる取っ手のようなものがついており、叩いて奏でるリズムに合せて「どっこい、どっこい」の掛け声とともに担ぐ。

とっつく - 【取っ付く】

どんぶり - 正式名称は腹掛け。前掛けのような形のもので、携帯やその他細々したものを入れるのに重宝する。

とんぼ - 神輿の担ぎ棒である親棒と、脇棒をつなぐ横棒のこと。

なおらい - 【直会】お祭りの反省会。要は飲み会。《類義語》鉢洗い

ながさわや - 【永澤屋】浅草にある祭り用具専門店。ちょっと高級。http://www.nagasawaya.com/

なかや - 【中屋】浅草寺の入り口付近になる祭り用品専門店。三社祭近くになると、割引してくれる親切なお店。https://www.nakaya.co.jp/

はくせん - 【白扇】元々結婚式の時に新郎が持つ末広の事。しかしおめでたい物として担ぎ屋連中の間で使われている。中にはこれを武器として使用する輩もいる。おめでたくて恐い持ち物。

ばすたおるぞー - 【バスタオルぞー】神輿の横をバスが通る時に危険を知らせるかけ声。「バス通るぞ」から変化。

はちあらい - 【鉢洗い】祭の後の飲み会。一気飲み大会。《類義語》直会/笠抜き

はっぴ - 【法被】本来の意味は印半纏のこと。その意味からすれば会の半纏も法被と呼ぶべきであろうが、実際には空色で背中に大きく赤で「祭」と入っているプリント生地で作られたものを法被、染め生地で作られたものを半纏と区別することが多い。担ぎ屋の中で「お宅の法被さぁ…」なんて声をかけると、変な顔をされるという興味深い単語。

はつほうりょう - 【初穂料】神社などで安全祈願などをしていただく時に支払うお金また御札、お守り等神社グッズを買う時に支払うお金。代金と言わない所に宗教法人の無税の片鱗をかいまみる事が出来るありがたいお言葉。

はな - 【先・花・鼻】神輿の前後にとおっている担ぎ棒のいちばん先の端をいう。または、担ぎ手をいう。掛け声をかけるにも、前へ進むにも一番目立つリーダー的位置。とりあえずどの神輿でも一度は担いでみたい場所。競争率も激しい。ここを担げば「この神輿はもらった」って感じになる。「御先棒(おさきぼう)を担ぐ」や「片棒を担ぐ」と混同しないよう注意。《用例》「―を担ぐ」「―に入る」

はらまき - 【腹巻】締込をした際に締込が落ちないよう、または、お腹が冷えてピーピーにならないようにするものだが、カメラや携帯などの小物も収納できるので、手ぶらで祭りに参加したいタイプの担ぎ手には便利なアイテム。

ひょうしぎ - 【拍子木】神輿進行の合図をする。聖なる木。ベテランの担ぎ手もこれには逆らえない。

ほうおう - 【鳳凰】神輿の屋根の中央に留まっている大鳥。中国で想像上の鳥。頭はニワトリ、首はヘビ、あごはツバメ、背はカメ、尾は魚に似て五色の羽を持ち、五音の声を有する。めでたい鳥で、聖帝が世に出て、天下に正しい道が行われば現れるという。浅草神社の本社神輿三基のうち、一之宮の頭には鳳凰が、他二基には擬宝珠が飾られている。

ほうのうきん - 【奉納金】氏子町内から集められる祭礼費。たいがい余るのだが、余らすと来年あまり集まらないので、無理矢理役員たちで呑んじゃったりして帳尻をあわせる不思議なお金。

まえがわり - 【前がわり】《対義語》ところてん

まえだ まえだ - 【前だ 前だ】まだまだ担ぎ足りないって言う時に使う、神輿上級者のテクニック。"前だ、前だ~~~〟と言いながら神輿を押し戻す事によって更なる盛り上がりを見せる。主に神酒所前の要所要所で見られる技。神輿を前に進めさせるときの掛け声。でも何故か言えば、言うほど後ろに下がる。

まとい - 【纏】本来、火消しの組の目印だが、最近では神輿の前で振ることが多い。大戸神社では纏が出るが、ちゃんと振れる者は少ない。

みこし - 【神輿】御神体(ごしんたい)がのっている神社の神輿を本社神輿、または宮神輿という。渡卸の前に御神霊を神輿に移す儀式を御魂入式とか入魂式と呼ぶ。本社神輿のほか、氏子各町会が独自で持っている町会(内)神輿、神輿同好会が持っている会神輿がある。御霊が宿った神輿を土足で踏みつけたり、歩道橋などの高い場所から見下ろすことは不謹慎とされる。

みこしだこ - 【神輿胼胝】永年神輿を担いでいる者の肩にある勲章。祭りのときにだけ自慢できる。海やプール、銭湯などではギョッとされることもある。触ってみるとちょっと固く、担ぐたびに出来る人と担がない時期も出来たままの人がいる。最近では体質で出来る人と出来ない人がいることが判明し、出来ていても肩が強いわけではない人がいることが分かった。瘤(こぶ)ともいう。

みずでっぽう - 【水鉄砲】深川の水掛で仕返しをするための必須アイテム。

みゃ~ - 18歳未満女性限定の担ぐ時のかけ声。西小山が有名。

みやいり - 【宮入り】本社へ帰り、祭の終わりを告げるのが宮入り。

みやだし - 【宮出し】渡卸のはじまりに神社の鳥居を神輿がくぐり町へ出ることを宮出し。三社祭の場合は、大喧嘩大会。

みやみこし - 【宮神輿】神社に納められている神輿。町会の神輿よりもたいてい大きく、風格がある。毎年渡御されるところもあるが、隔年、三年毎、七年毎という神社もある。担ぎ手不足や諸事情に影響され、渡御を行わずに神事のみという神社も。

みやもと - 【宮元】神社の近くの町会。

みょうがや - 【めうがや】浅草の祭用具専門店。祭用具界のグッチ。https://meugaya.jp/

むつみ - 【睦】神輿好きの集まる会。

めいわくぼうしじょうれい - 【迷惑防止条例】墨田区条例で、神輿の上には乗ってはいけないこと。

やくいんばんてん - 【役員半纏】町会半纏の一種、主に町会で神輿を仕切る方々が着用する半纏。これを着ていると威張れる反面、神輿を押さえる為、肩を入れる事が出来ないと言うひじょうにジレンマに陥るとても恐い半纏。

よい!よい!よいやさ! - もともと三社祭の宮神輿宮出しの際、神輿が落ちたときに持ち上げる時の掛け声。最近では直会の時の一気呑みのきっかけに多々用いられる。

よいと - ゆっくり進むときに使う掛け声。神社の出入りの際に、鳥居をくぐったり、電線などが鳳凰に引っかかりそうな時にも使い、江戸前の2倍の重さが、担ぎ手にかかる。よいと~、と伸ばす場合もある。

よこたかつぎ - 【横田担ぎ】羽田地区の担ぎ方。かつぎ棒二本に加えて前後に横棒が二本つく。「よこたでおいで、オイッチ、ニィ、サン」の掛け声とともに、担ぎ手が横棒に飛びつき、神輿を軸に左右へぎっこんばっこんと振る。波で小船がゆられるさまを模したといわれる。荒っぽい担ぎ方で名高い。

よみや・よいみや・よいのみや - 【宵宮】祭礼の前日に行われる。地区によっては宵々宮が行われる所もある。宵宮の内容は地区によって様々であり、演芸(出し物)を行ったり、夜店が出たりする所が多い。また、万灯神輿を持っている神社は宵宮の夜に担ぐ所もある。地域振興の為になるかどうかはその地元の人々に聞いてみないと分からないが、夜店目的のみで来る人が多いように感じるのは気のせい。

れんごうとぎょ - 【連合渡御】複数の神輿が連なって渡御すること。更なる盛り上がりを見せる。

わっしょいかつぎ - 【わっしょい担ぎ】深川地区の担ぎ方。「わっしょい、わっしょい」の威勢のいい掛け声で担ぐ。肩を入れたほうの手を棒にまわし、片方の手は前後に振る。そして走るように担ぐ。「ソイヤ」の掛け声は許されない。

わらじとわらじがけ - 【草鞋と草鞋掛】元々江戸時代の旅人が旅の際愛用していた履き物。しかし近年宮鳶の頭達が愛用しているのを見た担ぎ屋達に伝染し粋な履き物とされている。黒の股引に腹掛姿、草鞋に草鞋掛で神輿の前に立つとすご~く偉そ~~~に見える足元グッズ

わらびて - 【蕨手】神輿の屋根の先端にある吹き返し状のもの。この上に小鳥を取り付ける。下締めや化粧を取り付けるのにも使う。


現代神輿用語の基礎知識は、当時HTML形式で作成されていましたが、誰でも追加・編集ができるようにサーバサイドで動くスクリプト化を提案し採用していただいた経緯があり、その頃に掲載許可をいただいています。今回いくつか用語の追加・訂正を行い、新たに辞書プラグインを使用してまとめ直しました。
新規登録・修正・削除などのご依頼・ご提案ありましたら、コメント欄からご一報いただけると幸いです。

Translate »